iOS 9にアップデートする前に、先にiCloudのバックアップを削除しておいた方が良かったかも(解決後の追記あり)

 未確認情報というか、自分の環境でしか確認していないので、あまりおおっぴらに分かり易く説明するつもりはありませんが。

 おそらく、私の心得違いでしかなく、信憑性も皆無なので、どうか真に受けないでいただきたいのですが。

 要するに、これは単なる雑談です。

 言いっ放しの無責任な居酒屋トークです。

 下戸なので、実際はお酒飲めないんですけどね。

 それはともかく、もしかしたら、同じような現象に悩まされている方がいらっしゃるかも知れず、そうした方々と「そうだよねー。なんかヘンだよねぇ?」と傷心を慰め合うことだけを目的としたエントリなのです。

 すなわち、当方は何も責任をもてませんので、ここに書かれていることは、基本的に実行しないでください。

 というか、読んでも「何言ってんだ、コイツ? そんな問題、ウチじゃ起きてないんですけど。え、頭オ◯シイの?」という感想しか持ち得ないであろう、大多数の幸福な皆様には、ページをそっ閉じしていただいて、最後まで自己の責任でなんとかする覚悟を決めた、独立不撓の変わり者のみ、以下の与太話にお付き合いいただければと思います。

2015/10/19 追記
 一連の状況が、いちおうの決着をみたので、記事を全体的に整理しました。

 半リアルタイムでダラダラと此処に書いていた追記は、記事の末尾に簡単なあらすじをつけて時系列順に並べてあります。

 冒頭で述べたように未確認なところからはじまった当記事ですが、いちおう Apple のサポートに問い合わせた上で個人的な結論を追加しましたので、もしどなたかの参考になりましたら。

スポンサーリンク

読み込み中です。少々お待ち下さい

事の次第

 えぇと、さっきからワタクシメが、いったい何を迂遠に申し上げようとしておるのかと言いますとですね。

 まず、つい先日、手元に複数台ある iPhone の内の 1 台を、iOS 8 から iOS 9 にアップデートしました。

 で、その後しばらくして、Apple 様から送られてきた「iCloud ストレージの使用容量がもう少しで上限に達します。」などという巫山戯たメールを受け取って気づいたのですが、元々は 1 GB ほどあった筈の、その端末の iCloud バックアップの容量が、(OS のバージョンアップにより内容を引き継げなかったのか)なんか知らんけども 0 KB という表記に成り下がっていたのです。

 この時点で、既に意味不明なのですが。

 さらに、ですね。

 今回アップデートした 1 台を除いた、その他の iPhone/iPad は、iOS 7, 8 環境のまま残してある訳ですが、それらの端末で「設定」アプリの「一般>使用状況>(iCloud)ストレージを管理」を開いても、iOS 9 にアップデートした端末が、何故か一覧に表示されなくなってしまったのです。

(追記:後から考えると、アップデートした時点で iOS 8 時代のバックアップとの紐付けが解けて、バックアップが存在しない状態になっていたからですね、これ)

 まー、Apple 様は iOS のアップデートに伴って、旧バージョンからは新バージョンが見えなくなるようなことをよくしなさるので(iOS 8 の時の iCloud ドライブとか)、百歩譲ってそれはまぁいいとして(よくねーですけど)、Mac でシステム環境設定の「iCloud」から「管理」を開いた一覧にも表示されないというのは、いかがなものでしょうか。

 だがしかし。

 それすらも些細であり、問題はそんなところではないのです。

 えぇと、iCloud ストレージの無料分の容量って、5 GB じゃないですか?

 その内、ウチの環境で消費しているのが、iOS 7, 8 のまま残してある端末複数台分のバックアップが、合計で 2 GB ほど。

 iCloud フォトライブラリが 1.4 GB ほど。

 その他の書類およびデータやメールなどは、全部合わせてもせいぜい 60 MB 程度ですので、無視して構わないサイズでしかありません。

 そして、表示をそのまま信じるのであれば、iOS 9 にアップデートした端末のバックアップ容量は 0 KB らしいので、つまり消費している領域は、全てを合計して 3.4 GB ほど。

 それを無料分の 5 GB から差し引くと、空き容量は 1.6 GB くらいということになる筈じゃないですか?

 ところがですね、なんか知らんけども、使用可能な容量が 480 MB 程度に減っているのですよ(というか、一時的に 170 MB まで減りました)。

 あれっ? 1 GB ほど足りなくね? どこいっちゃったの?

 これって要するに、iOS 9 にアップデートした端末の iOS 8 までのバックアップ分 1 GB 前後が、どうしてだか引き継がれることもなく、削除もできない操作不能のゴミ状態で領域を占めたまま残っちゃってるってコトじゃないの?

 うへぇ。

何が言いたいのか

 つまるところ、何を臍を噛んでおるのかと言いますとですね。

 iCloud バックアップ、先に削除しとけばよかった......

 こんなことなら、iOS 9 にアップデートする前に、バックアップ先を iCloud から Mac(パソコン)に切り替えて、そちらにフルバックアップをとった上で、さらに iCloud 上のバックアップは削除してから更新すれば良かった......

 で、アップデートが正常に終わったら、様子を見つつ、またバックアップ先を iCloud に戻せば良かったんですよ。

 そしたら、こんなゴーストのように以前のバックアップが触れない状態で iCloud ストレージに居座って、空き容量を逼迫してしまうことも無かったでしょうに......

 くっそー。

 いやー、とにかく、他の iPhone/iPad や Mac の iCloud ストレージ管理画面だと、一覧に表示されすらしないし、唯一表示される iOS 9 端末の管理画面で削除しようとしても、0 KB としか認識されていない所為なのかなんなのか、「バックアップを削除できません」と言われてしまうだけで、いまのところ絶対に失敗してしまうので、なんかもうコッチじゃどうすることも出来ないんですよね。

 また同じことになったら、さらに困ってしまうので、他の端末を iOS 9 にアップデートする時は、多分ウチでは上に書いたようなオペレーションをすると思いますが、ひとつ間違えると別の問題(バックアップが消えたり)が発生する可能性が大いにありますので、どうか皆様は真似しないでいただきたく、くれぐれもお願い申し上げます。

補足:上記の iOS 8 から iOS 9 にアップデートした端末でも、時刻や iCloud 設定の「今すぐバックアップを作成」のタップをトリガーとして、iCloud バックアップ自体は普通に行える状態です。

 ただし、単に iOS 9 世代の新しいバックアップデータが作られるだけで、ゴミデータに占有された領域が開放される訳ではないので、容量が2重に消費されるだけ、みたいな状態になってしまうのです。

おわりに

 その内、Apple が問題に気づいて、知らん内に領域が開放されて解決する可能性も無くはないと思っています。

 もしくは、一定期間が過ぎたら、なんやかんやで自動的に開放される可能性もあるような気はするのですが、とにかく空き容量が残り少ないので、そうそう悠長なことも言ってられないといいますか。

 まぁ、他のサービスと比較して割高だった以前と異なり、iOS 9 がリリースされたタイミングで、さらに値下げされた iCloud ストレージの追加容量料金は、いまや 50 GB で 130 円/月とかしか掛かりませんので、素直に課金すりゃいいハナシなんでしょうけど......

 でも、なんか、正にこのタイミングで課金させる為に、こんな変な仕様というか挙動にしたんじゃねーの、みたいに思わず勘繰っちゃいますよね(笑)

 いやはや、もちろん天下の Apple 様に限ってそんな筈もなく、下衆のなんとやらに決まっているのですけれども。

 ともあれ、自動的に領域が開放されるかも知れないという希望的観測を捨ててはいないので、しばらく様子を見てみようと思います。

 10/1 にリリース予定の Mac OS X El Captan の iCloud ストレージ管理画面なら、触れなくなってしまったゴミ領域を、もしかしたら操作できるのではないかしらん、という淡い期待も抱いてますしね!

 いや、まぁ、ほんっとーに淡くですけど(笑)

2015/10/10 追記
 残念なお知らせ。

 冒頭でも追記しましたが、案の定 Mac を El Capitan にアップグレードしても操作できませんでした。

 まぁ、そりゃそうだよね......

その後の顛末

 以下、記事を投稿した数時間後~解決するまでの追記のまとめになります。

 ひとつ一つの追記が大変長ったらしいので、簡単なあらすじを付けた上で、基本的には閉じてあります。必要に応じて開いてお読みください。

 いちおう、時系列順にまとめてありますので、おおまかにそれらを踏まえた上で、最後の個人的な結論をご覧いただければ。

記事を公開した数時間後の追記

あらすじ

 記事を公開して数時間が経った頃、空き容量に変化が生じた為、自己解決したと思い込み、喜び勇んで書いた追記になります。

 まぁ、実際は全然解決していなかった訳ですが、今考えると、一刻も早く解決して欲しいと逸る心が、なんか勘違いをさせていたんでしょうねぇ。

 ほぼどなたの参考にもならないと思いますが、いちおう記述としては残しておきますので、必要に応じて開いてご覧ください。

▼数時間後の追記を開く▼

さらに1日後の追記

あらすじ

 上の追記を書いてから、さらに1日ほどが経過し、解決したと思ったのが勘違いだったことに気づいた頃の追記になります。

 ただ、実際に iCloud の空き容量が、想定外の良く分からない増減を繰り返していたことは確かなのだろうと思います。

 この辺りから、やっぱり表題の通り、iOS をバージョンアップする前に iCloud バックアップデータを削除しておくべきだったという確信を強くしはじめます。

▼さらに1日後の追記▼

2015/09/26 の追記

あらすじ

 上の追記から数日経過した後、別の端末を実験的に iOS 9 にアップデートして簡単に検証したところ、「もしかして、これが原因だったのでは?」という手順を発見したかも知れないと思って書いた追記になります。

 まぁ、実際はただの勘違いだった訳ですが。

 あまり意味はありませんが、こちらもいちおう記述としては残しておきます。

▼2015/09/26 の追記を開く▼

2015/09/27 の追記

あらすじ

 上の追記が勘違いだったことが分かり、やや打ちひしがれながら書いた追記になります。

 iCloud バックアップの挙動に関する個人的な理解は進んでいるのですが、自分以外に有益な情報はほぼありません。

▼2015/09/27 の追記を開く▼

2015/09/29 の追記

あらすじ

 最終手段のつもりで、思い切って 5 ~ 6 端末分の iCloud バックアップを全て削除した結果、ユーザーサイドからは触れないし削除もできないゴミ領域が 1.2 GB ほど出来てしまっていることを確認しての追記になります。

 この問題に関して、やたらと時間を取られてしまったので、やや焦っていました。

 画像もあって現象が確認しやすいので、ここは最初から開いておきます。

 また、これ以降の追記に関しても、然程長くありませんので、閉じずにそのままにしておきます。

2015/09/29 追記
 最後の手段でバックアップを全て削除したら、やっぱり、触れないし削除もできないゴミ領域が 1.2 GB ほど出来ちゃってることが確定しました。

バックアップがひとつも無いのに 1.2 GB を占めているんだぜー、オーイエー
ちなみに、直前とさらにそのひとつ前はこんな感じ(実際は、さらに数台分削除してます)。
ご覧のように、バックアップを全て削除する前までは、見かけ上は順調にバックアップ容量が減っていたのです。つまり、左ペインのバックアップ合計値は単純な足し算の結果でしかなく、1.2 GB の存在は見事に無視されていることが分かります。

 予想通りと言いますか、本文に書いたように、iOS 9 にアップデートした端末の iOS 8 時代のバックアップが、ゴミデータとして残っちゃってるのかなー、と思います。

 iOS 9 にアップデートした iPhone だけ、あからさまに動きがおかしいですしね。

 その端末でのみ、何故か必ず iCloud バックアップの削除に失敗するし、他の方法で全て削除してから、再度 iCloud バックアップをオンにすると、その端末の「最新のバックアップ」の日付が iOS 9 にアップデートする直前になりますし(ゴミデータとして残っちゃってるバックアップの日付と思われ。限定的に情報が取得できるんでしょうね)。

 う~ん、「こうすれば、ヘンなゴミデータでも削除できるよ!」みたいなことを、快刀乱麻を断つが如くここで提示できればカッコいいんですが、すみません、さっぱり分かりません。

 ここまでくると、最初から書いているように「iOS 9 にアップデートする前に、先に iCloud のバックアップを削除」するくらいしか対処方法が無いような気がするのですが、それじゃもう遅いんですよね~......

 いや、バックアップを全て削除すれば、「あれっ? バックアップに、なんかヘンなデータがある」って Apple のサービスが気付いて、自動的に削除されるんじゃないかと期待したんですよ。

 その為に、わざわざ iCloud バックアップ全部削除したんですし。

 でも、ダメでした。

 次に、経験則として iCloud バックアップは日本時間の深夜 1 ~ 2 時くらいになにかしらのタスクが動いてるっぽいので、そこで問題が解消されて領域が開放されることを期待して、1日寝かせて待ったのです。

 でも、ダメでした。

 やべー、このゴミデータ、多分もう絶対開放されないよ。

 iCloud フォトライブラリの「最近削除した項目」のように、30 日経ったら消える可能性も皆無ではないと思いますが......いやぁ、無いかなぁ。

 もうこれ、新しいアカウント作っちゃった方が早いかもなー。

 まぁ、果てしなく望みは薄いですが、どうにか出来たら別記事としてまとめようと思います。

2015/10/04 追記

 iOS 9.0.2 にアップデートしても、やっぱり解決しませんでした。

 アップデートの内容に、「iCloudバックアップが手動バックアップ開始後に中断されることがある問題を解決」ってあったから、ちょっと期待したんですけどねぇ。

 アカウント作り直そうかなぁ。

2015/10/10 追記

 残念なお知らせ。Mac を El Capitan にアップグレードしても、やっぱりゴミデータ化した領域は操作できませんでした。

 もう、サポートに電話するしかないかなぁ。何故か無駄に敗北感を覚える(笑)

2015/10/11 追記

 サポートに連絡しましたが、やはりすぐに解決はしませんでした(ちなみに、サポートやスペシャリストの方々は、とても丁寧に対応してくださいました)。

 現在、調査待ちの状態ですが(長くて1週間程度かかるそうです)、完全な解決はちょっと難しいかも知れません。ともあれ、進展があったら、また追記します。

 どうやら、iOS 9 になって iCloud バックアップに関する問い合わせは多いものの、ここに書いた内容と同じような問い合わせはあまり無いようです。まぁ、問い合わせようにも、めちゃくちゃ説明し辛いですしね(笑) 私も、やり取りにすんごい時間かかりましたもん。

2015/10/12 追記

 なっ、なおりました!!

 つい数時間前まで、確かに 1.2 GB ほどを占めていたゴミデータが、たった今確認したところ、見事に消えていました!

 まだサポートから連絡が無いので関連性は不明ですが、事前の確認も無しにあちらで強制的にユーザーデータを削除したとは考え難いので(それは出来ないと仰ってましたし)、もしかしたらある程度時間が経ったら、何もしなくても自動的に領域が解放されていたのかも知れないなぁ、という気がしないでもありません。

 もしくは、向こうで iCloud の管理情報を修正してくれたのかも知れません。

 または、表沙汰になっていないだけで実際はあちこちで起きていたこの問題を本国が認識して、サーバー側で一斉になんらかの処置を施したとか。

 ともあれ、いまは深夜ですので無理ですが、折を見てサポートと連絡がついたら、もう少し詳しく追記します。

2015/10/17 追記

 サポートと連絡がつきました。

 取り急ぎ結論だけお伝えすると、時間の経過で自動的に解放された訳ではなく、やはり Apple 側のエンジニアが iCloud の管理情報を修正してくれたようです。

 以下、個人的な結論に続きます。

個人的な結論

 そういった訳で、個人的には問題が解決したのですが、電話口で対応していただいた Apple のサポートの方も、「どうすれば問題が解消するか」という対処方法をご存知な訳ではなく、エンジニアのほうに報告をあげて、調査と作業を実際に担当したエンジニアから「もう直ったよー」という結果だけを聞いて、それをこちらに伝えてくれた形になりますので、残念ながら私からも、ここで「この問題が発生した場合は、こうすれば良い」ということを明確にご提示することはかないません。

 ただ、iOS 9 になって、iCloud バックアップ周りの問題が色々と発生して報告があげられているようですので、数カ月後には Apple 側の対応により、同種の現象が発生しなくなる可能性はあると思います。


 以下、Apple のサポートとは無関係の、あくまで個人的な結論になります。

 繰り返しになりますが、iOS 8 → 9 に限らず、今後 iOS が 9 → 10、10 → 11 のようにメジャーアップデートされた際には、「iOS をアップデートする端末のフルバックアップをパソコンに作成」→「バックアップ先を iCloud からパソコンに切り替えて、iCloud からはバックアップデータを削除」→「iOS をアップデート」→「様子を見つつ、バックアップ先を iCloud に戻す」という手順を踏もうかと思います(さすがに、マイナーアップデートではやらないつもりですが)。

 但し、この手順は単に私が個人的にそうしようと考えている、というだけの話であり、Apple のサポートから教示してもらった訳ではありません。あらゆる意味で Apple からの回答ではありませんので、その点についてはくれぐれもご承知おきください。
 また、当方でも何も責任は取れませんので、同じような手順を踏む場合は、あくまでご自分の責任で行ってください。

 まぁ、正直めんどいですけど、また同じような現象に出くわして、サポートに連絡するような事態に陥るのは避けたいですからね。

 だって、ホントに電話口で説明し難いんですよ、この現象。

 こっちでの検証もすんごい時間かかったし、サポートにもお手間を取らせちゃうし、もうコリゴリです。

 けれども、上に書いた手順だと、パソコン持ってない人は詰みなんですよね。

 短時間とはいえ、バックアップが無い状態をおすすめする訳にもいきませんし、うーん......

 だからといって、モバイル端末は個人情報の塊なので、いくら困っても他人のパソコンを間借りして、上のような作業を行ってはいけません、念のため。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Google+
  • この記事についてツイート
  • この記事を Facebook でシェア

「雑談」カテゴリの関連記事