[タブレット] 気になるタブレットの実機を触ってきました

 この記事この記事など、当ブログで何度か取り上げてきた気になるタブレットの実機を、主に重さを感じる目的でいくつか触ってきました。
 平たく言うと、家電量販店のタブレットコーナーに行ってきただけです。すみません。

 まぁ、せっかくなので、実際に目にして気づいたことなどを、つらつら書いてみようかと。

スポンサーリンク

読み込み中です。少々お待ち下さい

Windowsタブレット

 ひとつ目は、Acerの8インチWindowsタブレット、ICONIAです。店頭価格だと、64GBは4万円台後半でした。

 詳しいことは、前に書いたこちらの記事に任せることにして――写真(画像)で見ていた時はあまり気にしていなかったのですが、この機種はホームボタンがハードキーなんですね。
 最近はソフトキーのタブレットも多い中、これが思いの外いい感じでした。ハードキーは押してる感じがするので、やっぱり良いですよね。

 それから、写真で見ていた以上に実機は高級感があって、デザイン的には下で紹介しているLenovo Miix 2 8より、こっちの方が好みでした。
 見た目を確認するには、本家の製品情報が分かりやすいかも。

 ところで、Windowsタブレットのホームボタンて、アレ、呼称は「Windowsキー」でいいんでしょうか。PCキーボードのWindowsキーと同じアイコンですし。

(追記:「Windowsのスタートボタン」と称するべき?ニュースサイトの記事とか見ても、まだ呼び方が固まり切ってない印象。そんな中でも、スタートボタンが本命でしょうか。対抗で、単純にWindowsボタン。ホームボタンだと個性がありませんが、俗称としては結局そこに落ち着きそうな気も)

 


Lenovo Miix2 8

- Amazon

 続いて、こちらもWindowsタブレット、LenovoのMiix2 8です。店頭価格はICONIAとほぼ同じ。本家の製品情報はこちら

 予想はしていましたが、やっぱり実際に持ってみると、とにかく軽い。ICONIAが415g、こちらは350g、カタログ上で65gの差は伊達ではありません。手に持ってはっきり分かるほど、明らかにこちらの方が軽かったです。

 設定で変更可能なのかも知れませんが、ソフトキーのホームボタンはダブルタップしないとホーム画面に戻ってくれず(ソフトキーなので誤タップ防止の為?)、最初は少し操作に戸惑いました。
 上のICONIAの方はボタンを1回押すだけでホーム画面に戻れたので、ハードキーのホームボタンは分り易いという点でも評価できます。

 どちらも画面解像度は1280x800ですが、Windowsとして使う分には画面も十分綺麗ですし、少し触ってみた限りでは挙動も滑らかでした。まぁ、ネットにすら繋がってなかったので、ホントに触っただけですけど。物理的な画面サイズ的に、デスクトップモードで本格的に使うのは、さすがに両者とも少々厳しい感じ。

 うーん、実機を見たら、デザインとしてはICONIAの方が良かったけど、Miix2はとにかく軽いからなぁ。やっぱり、買うとしたらそっちかなぁ。

 

 でも、Windowsタブレットの直近での本命は、どう考えても先日の記事に書いたLenovo ThinkPad 8です。ホントに上記2機種と同価格帯で発売されたら、画面解像度も1920x1200ですし、これを選択しない理由がありません。

 とはいえ、今年の年末頃には、さらに1ランク上のスペックのWindowsタブレットが、3~4万円台で入手できるようになっている筈。それまでは我慢がまん......と思いましたが、そういえば消費税が増税されるんでした。色々文句はありますが、それは置いておいて、増税前に買っておくのもひとつの手かも?4月までに、ThinkPad 8が日本で発売されるかなぁ......

(追記:発売されました。発売時に書いたこちらの記事を、どうぞ)

Kindle Fire HDX

 こちらはWindowsタブレットではなく、ご存知Amazonのタブレット、Kindleです。
 店頭に置いてあったので、ついでに少し触ってみました。

 Nexus 7 2013やiPad mini Retinaとの比較など、細かいことは以前に書いたこちらの記事に譲ることにして、一番確かめたかったのは重さなのですが、正直、かなり軽かったです。

 実機を見たら、端末として悪くない印象。FireOSはクセがありますが、生粋のAmazonっ子なら迷わず選択して悔い無しな感じでした。

 

 で、もっと驚いたのが、こっち。Kindle Fire HDX 8.9です。

 8.9インチという大画面にも関わらず、想像以上にすんごい軽い。さすが、374gだけのことはあります。

 これだけ軽いと、画面の広さという利点が十分に活きてきますね。ぐーたら寝転がってマンガを読むには、10インチはやや大きいと思うのですが、あの軽さであればという条件付きで9インチならギリギリ許容できる気がしました。

おわりに

 タブレットについて色々書いておきながら、実際に触ったことのない機種が多いのはアレだなーと思って、ちょっと触ってきました。というだけの記事です。

 お粗末さまでした。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Google+
  • この記事についてツイート
  • この記事を Facebook でシェア