Windows 10 のキーボードショートカットで影なしのスクリーンショットを撮る方法(アクティブウィンドウのみ)

 Windows のキーボードについているプリントスクリーンキー(PrtScr)を単体で押すと、画面全体のスクリーンショットがクリップボードに保存されますが、「Alt」キーと同時に押すことで、アクティブなウィンドウ領域のみ切り出せることは、皆さん良くご存知だと思います。

 資料や説明に使う画像を作るのに便利なので、私も良く利用するのですが――

 困ったことにですね、Windows 10 で「Alt」+「PrtScr」キーを同時に押してアクティブウィンドウを撮影した場合、デフォルトでスクリーンショットに影(ドロップシャドウ)がつくようになってしまったのです。

 これは、いただけません。

 ドロップシャドウが必要な場合は自分で追加するので、勝手に影をつけないで欲しいところです。

 ということで、スクリーンショットを影無しで撮る方法を、以下で紹介します。

 同じようにお困りの、どなたかのお役に立ちましたら。

スポンサーリンク

読み込み中です。少々お待ち下さい

どんな現象か

 さて、まずは問題にしている現象について、簡単に見てみましょう。

 任意のアプリケーションがアクティブな状態で、キーボードの「PrtScr」+「Alt」キーを同時に押すと、Windows 10 では以下のようなスクリーンショットがクリップボードに保存されます。

 ウィンドウ枠の周りのドロップシャドウは、こちらで付け足したものではありません。最初からついてしまっているのです。

 この仕様変更は、便利な場合も無くはないのですが、多くの場合で加工が必要となり、スクリーンショットを少々使い難いものにしていると言わざるを得ません。

影なしのキーボードショートカット

 それでは、Windows 10 でアクティブウィンドウのスクリーンショットを影なしで撮るには、どうしたらよいのでしょう。

 ジツは、割りと簡単な話で、「Shift」キーを足してあげれば良いだけです。

 つまり、「Shift」+「Alt」+「PrtScr」キーの同時押しですね。

 ただし、注意が必要な点として、「 Shift」+「 Alt」+「PrtScr」キーを同時に押すと、この組み合わせはデフォルトだと「ハイ コントラストの切り替え」に紐付けられている為、以下のような警告メッセージが表示されてスクリーンショットを撮ることがきません。

 これを避けるには、右側の「Shift」または「Alt」を使うか(どちらか一方、または両方)、メッセージの指示に従って「すべてのコントロール パネル項目」>「コンピューターの簡単操作センター」>「コンピューターを見やすくします」に移動し、「左 Alt + 左 Shift + PrintScreen キーでハイ コントラストを切り替えます」をオフにします。

設定を変更したら、画面下部の「OK」を押してください

「ハイ コントラストの切り替え」をオフにすれば、左右どちらの「Alt」および「Shift」でも、問題無くスクリーンショットを撮ることができるようになります。

ちょっとした問題点

 これで、目出度くアクティブウィンドウのスクリーンショットを影なしで撮れるようになった訳ですが、この方法には軽微な副次的問題が存在します。

 それは、例えば Dropbox のようなスクリーンショットを自動的に保存してくれるアプリケーションを利用している場合、自動保存されなくなってしまうケースがあるということです。

 この挙動から推察するに、Dropbox はキー入力をフックして「PrtScr」および「Alt」+「PrtScr」を監視しているのだと思われます(2016/05/01 時点)。

 それほど大きな問題ではありませんし、そのうちバージョンアップで対応されると思いますが、スクリーンショットを自動保存してくれる類いの常駐アプリケーションを利用している方は、ご留意ください。

その他の方法

 キーボードショートカットではなく、Windows に最初からインストールされている「Snipping Tool」を使って、より柔軟にスクリーンショットを撮影することも可能です。

  1. 検索窓(コルタナさん)などから、「Snipping Tool」を起動します
  2. アクティブウィンドウを影なしで撮影するには、新規作成で「ウィンドウの領域切り取り」を選択します
  3. 任意のアプリケーションをクリックすると、その範囲のみスクリーンショットが切り出されます
    あとは、コピーして別のアプリケーションに貼り付けるなり、ファイルに保存するなり、お好きにどうぞ

 その他の方法として、Windows 10 で追加された「ゲームバー」を使って、クライアント領域のスクリーンショットを撮影することも可能です。

「ゲームバー」について詳しくは、前回の記事をご覧ください。

おわりに

 サードパーティ製のアプリを導入するまでもなく、Windows 10 にはスクリーンショットを撮る方法が色々と用意されていますので、目的に応じて使い分けると良いのではないでしょうか。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Google+
  • この記事についてツイート
  • この記事を Facebook でシェア