yumが急に動かなくなったので対処した話(RPMForgeが原因だったようです)

 個人的に運用している Cent OS では、例によって yum-cron で更新を通知するように設定しているのですが、少し前からメールが飛んでこなくなりました。

 他にやることもあり、ついつい調べるのを先延ばしにしていたのですが、先ほどようやく確認したところ、どうやら RPMForge が原因だったようです。

スポンサーリンク

読み込み中です。少々お待ち下さい

どんな現象か

 自分で叩いてみたら、以下のようなエラーが発生していました。

# yum check-update Could not retrieve mirrorlist http://apt.sw.be/redhat/el6/en/mirrors-rpmforge error was 14: PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found" エラー: Cannot find a valid baseurl for repo: rpmforge

 実際、上記 URL は確かに 404 を返します。

 こちらのサイトによると、「RepoForge(旧RPMForge)(は)2016/07/20 頃から停止した模様」だそうです。

 yum-cron からウチに届いた最後のメールの日付を調べたところ、2016/08/20 でしたので、ともあれ最近停止したのは間違いないと思われます。

作業内容

 どうも、RPMForge は数年に渡ってメンテナンスされていないようなので、とりあえず無効化して対処しました。

 具体的には、/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo の enabled を 1 から 0 にしただけです。

 最近は、yum-config-manager を使ってコマンドで有効無効を切り替えられるそうですが、今回は普通に vi で開いて編集しました。

 根本的な解決になっていない気がしますが、とりあえず yum update 等が通るようになったので、今日のところは良しとします。

おわりに

 特にサーバー機は、普通に動いている間はあんまり弄らないので、いざ何か起こった時に、どういう設定をしていたのかを、つい忘れがちでいけませんね。

 とか書いたら、意識が低いと怒られそう。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Google+
  • この記事についてツイート
  • この記事を Facebook でシェア