Windowsタスクバーにアイコンをまとめて登録できるメニューアプリを作ってみました

 タイトルで分かり易く、且つ短く表現するの難しいな、コレ(失敗)

 ということで、ちょっと思うトコロあって、Windows のタスクバーに小さいスタートメニューみたいなサブメニューを追加するランチャーアプリケーションを作ってみました。

 今日日、無署名の野良 EXE をダウンロードしてやろうという豪気なお方も殆ど居らっしゃらないかと思いますが、いちおう個人利用は無償のフリーウェアとして公開しておきますので、よろしければご活用ください。

ExtraMenu

 当然ながら無保証ですので、ご利用は完全に自己責任でお願いします。

 以下、なんでこんなモノを作ったのか、その背景について簡単に説明します。

スポンサーリンク

読み込み中です。少々お待ち下さい

どんなアプリなの?

 要するに、こんなのです

なんでこんなモン作ったの?

 いや、あのですね。

 ほら、もう随分と以前から、ほとんどのモニターってワイド型になってるじゃないですか?

 なので、デスクトップ領域をできるだけ有効に使う為に、普段はタスクバーを左端に配置しておりまして。

 その事自体は特に問題ないのですが、調子に乗ってほいほいアプリをタスクバーにピン留めしていると、縦置きなので割りとすぐに1枚目が埋まってしまって、はみ出した分が2枚目以降に追い出されてしまうんですね。

  • つまり、こんな感じに

 こうなると、アプリを切り替える度にタスクバーのスクロールが必要になりがちで、操作が煩雑になって仕方がありません。

 タスクバーの幅を広げても、いまのところ(2016/06 時点)は多段表示してくれないので、この問題に対する解答にはなりませんし。

  • せめて、タスクバーの幅を広げたら、
    こんな風に多段表示してくれると良いのですが......
  • 実際は、こうです。いくら幅を広げても
    1列(行)しか表示してくれません

 かと言って、アイコンを小さくして沢山表示しようとすると、今度はクリックし辛くなってしまうという悩ましさ。

 タスクバーの右クリックからツールバーをオンにすれば、下の画像のように多段表示自体は可能なのですが、これはまた全然別の機能でして、もうかなり昔に実装されたモノ(クイックランチ)が惰性で残ってるだけなので(偏見)、いまいち使う気になれないんですよねー。

  • ツールバーを表示すると、その分
    タスクバーの領域が狭くなっちゃいますし
    そもタスクバーを広げると不格好というか

 常々、タスクバーのアイコンをサブメニュー的な感じでまとめられたらなー、とは思っていたので、特に何かキッカケがあった訳でも無いのですが、なんとなく試しに作ってみました、という次第です。

スタートメニューで良くない?

「え? っていうか、コレ、別にスタートメニューで良くない?」

 冒頭のアニメ GIF をご覧になって、そんな感想を抱いた方も少なくないでしょう。

 いや、分かります。

 確かに、わざわざこんなモン作らなくても、タスクバーに収まりきらないアプリはスタートメニューに登録すれば良いだけの話ですよね。

 ただ、ですね......

 遠いんです。

 タスクバーを左端に配置していると、スタートボタンを押してからアプリのアイコンまでの距離が、遠くなっちゃうことが多いんですよ!

  • 遠いよ!

 感覚的な表現で恐縮ですが、もうちょいと手元で操作したいといいますか......端的に言うと、マウスを沢山移動するのが面倒臭いんです。

 ほら、なにせ、ぐーたらなもので。

 なので、ちょっとしか動かさなくて済む小さいのを作ってみました、的な。

使い方

 詳しくはアプリのページをご覧いただくとして、ここでは簡単に紹介します。

 まず、初回起動時に、以下のようなピン留め用のショートカットが自動的に生成されます。

  • 12 色の中から、お好きな色を選べます

 どれでも良いので、お好みの色を右クリックして「タスクバーにピン留めする」ことで、簡単にタスクバーに登録できます。

 さらに一歩進んだ使い方として、任意の ID を起動オプションで指定することにより、複数の ExtraMenu をタスクバーに登録できるようになっています。

 自動生成された 12 色のショートカットには、色毎に異なる ID が予め設定されていますので、例えば以下のように色でグループに分けて、それぞれ異なるアプリを登録する、みたいな使い方が可能ということです。

  • 赤に Adobe 製品をまとめたり
  • 青に Microsoft 製品をまとめたり

 ID は任意に指定できますので、ピン留め用のショートカットアイコンを自分で作って新たに追加しても構いません。

 ただ、自動生成されたショートカットを使った方が楽ちんじゃないかなー、と思います。

 アプリの登録は、右上のハンバーガーメニューから「新しい項目を追加...」するか、ウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップして行います。

 ただし、そのままだとウィンドウが消えてしまってドロップできないので、ドラッグ&ドロップで登録する際には、左上の「メニューを自動的に閉じない」を一時的にオンにしてください。

 また、登録するアプリをいちいち探すのが自分で面倒臭かったので、特殊フォルダーから選べるようにしてあります(スタートメニュー、タスクバー、デスクトップ、Program Files から選べます)。

 素早くメニューを開く為に、デフォルトではタスクトレイに常駐しますが、オフにすることも可能です(当然、動作は遅くなります)。

 シンプルということを念頭に置いて自分用に作ったアプリですので、果たして他の方のお役に立つかは分かりませんが、もしお気が向きましたらどうぞ。

おわりに

 今回、久し振りに WPF で作ったんですが、いやー、やっぱダメっすね、アレ(笑)

 マークアップ(XAML)に「この場所ではこの書き方してもいいけど、こっちではダメ」みたいなクセが強すぎて、すんごい書きにくい。

 でも、UWP も同じ感じで行っちゃってるし、マジであのまま突き進むつもりなんかなぁ。

 アレだと、少なくともデスクトップアプリに関しては、「どうせマークアップ使うなら、ウチは HTML & JavaScript の Electron でいいッスわー」ってなっちゃっても仕方がない気がする。

 そうすると、本来 UWP で Windows エコシステムに組み込まれる筈だったアプリがどんどん他所に流れて、広がりもなく萎んでいくなんてことも......

 いや、まぁ、私の心配するこっちゃありませんけどね(笑)

 ということで、今回 WPF で作っている最中に、そのものズバリの回答がネット検索でお手軽に見つからなかったアレコレが多少ありましたので、次回から4~5回に渡って記事化して放流しておこうと思います。

この記事をシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Google+
  • この記事についてツイート
  • この記事を Facebook でシェア